三鈴マシナリー

スタッフインタビュー

様々な会社を見てきましたが、自分が成長できる会社だと思えます。

入社のきっかけは?
入社前に海運関係の会社で派遣社員をしていた私は通関・貿易の業務に知識があり、業務上の共通点があることから正社員としての転職先を探していたところ、三鈴マシナリーとのご縁ができ入社させていただくこととなりました。

面接時は神戸市街の綺麗な自社ビルに驚きましたが、面接官はきさくな方で会社の雰囲気も柔らかく、自分の働くイメージを掴むことが出来ました。

今のお仕事の内容
船舶機器部品を船に届けることが私の部署の仕事です。
取り扱う部品は国内メーカー部品が多数を占めています。船から依頼のあった部品を取り寄せ、チェックして国内外を問わずに船に向けて送ります。

部品の情報が間違っていることもあるので特に船舶機関部品についての知識が必要となります。船が日本に停泊している時は直接訪船して自分の手で船に部品を届けることもあります。

やりがいを感じる時
船舶部品は多岐にわたるので覚えるのが大変です。
外航船を動かす船員は日本人で無いことがほとんどで、船からの情報にも齟齬(そご)があり発注が想定通り進まないケースもあります。
機関部分にトラブルが起きると船の運航に支障をきたし、損害が発生する可能性もあります。そんな中で、仕事を評価していただきお客様から感謝の言葉をかけていただいた時にはやりがいを感じます。

入社を検討中の方へのメッセージ
覚えることは沢山ありますが、先輩方は1から教えてくれるので心配はいりません。
派遣社員として様々な会社を見てきましたが、雰囲気も良く働きやすい職場だと感じています。社内だけではなく、業界全体で話し合いにより問題を解決する空気があります。
長期にわたって働き、自分を成長させるなら三鈴マシナリーはいい会社だと思います。

神戸船舶グループ
M氏

三鈴マシナリ― 募集要項はこちら。

エントリーはこちら